流れるイオタ × イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette「studio iota label BGM」アルバム

湘南の国道134沿いのカフェからスタートした前田紗希 写真展[The world is beautiful, It's always there]のBGMとして、
studio iota labelが全員で作り上げたBGMアルバムです。

仲間への想いが詰まった楽曲は全曲、studio iota labelスタジオで録音された、笑い声の溢れる"リビングミュージック"。

インストゥルメンタルのBGM楽曲に加えて、アルバムの一番最後に入っている「The world is beautiful, It's always there」は、メンバー全員参加のゴスペル曲。写真展のタイトルにもなっています。

海沿いで、山で、街の中で、ちょっと切ない可愛くて楽しい楽曲を楽しんでみて下さい。

レーベル名:studio iota label
品番:iota-006
定価:1,000円 + 税
発売日:2016.9.25

[studio iota label]The world is beautiful It's always there 試聴


全11曲収録 !!

流れるイオタ 「The world is beautiful」アルバム

【予約受付中!】

流れるイオタは、映画を観ながら、物語が進んでいくような音楽=シネマティックミュージックを演奏する
インストゥルメンタルバンド (歌のない音楽)です。

結成から2年の活動を経て作り上げたファーストアルバム 『The world is beautiful』を、【4/27(水)】に studio iota レーベルより全国リリース!!
曲の中で次々と場面が変わりつつ、激しくも儚いメロディが印象的であり、 バンド名にもなった 「流れるイオタ」、ジャングルを旅する情景が目に浮かぶ 「AIR GUN TYPE PATICULATE EJECTOR」、ジャズのインプロビゼーションを感じさせる「sunrise」、レーベルメイトのイシタ ニタイジュが参加の「裸足のメリー」、そして一機のロボットの苦悩と幸福を表現し、 1曲11分を 超える大作となった「robot girl」など、全8曲入り。

音源は実績、実力のあるプロミュージシャン、エンジニアで製作したものになりまして製作陣一同、 自信作です。ご期待ください!!

レーベル名:studio iota label
品番:STUDIOI-1
定価:2,000円 + 税
発売日:2016.4.27

■流れるイオタ 1st Album "The world is beautiful" Trailer 動画



■ CM「The world is beautiful」40秒アルバム フルオーケストラ篇



全8曲収録 !!

「イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette」アルバム

Wikipediaの鍵盤ハーモニカプレイヤーにも掲載されているイシタニタイジュを中心としたカルテットのアルバムが、studio iotaから新登場します!

特設ページはこちらから!!
プロフィールや、詳しいライナーノーツを、お読み頂くことができます。


鍵盤ハーモニカの魅力や面白さが詰まった、大人も子供も楽しめる愉快なJazzです。

コアな音楽ファンじゃなくても、Jazzなんて知らなくても、鍵盤ハーモニカに触れて欲しいし、

やってみたいなーとかこれなら自分にも出来る!とかって思ってもらいたい、

というコンセプトの作品です。
6曲入り

レーベル名 : studio iota label
品番 : iota-003
定価 : ¥ 1,000 (tax in)
発売日 : 2015.5.23



流れるイオタ 「robot girl」シングル

流れるイオタは、映画を観ながら、物語が進んでいくような音楽=シネマティックミュージックを演奏する
インストゥルメンタルバンド (歌のない音楽)です。

少し切ないメロディに、めくるめく変速変拍子。 ヘンテコで美しい夕焼けジャズ。

こちらの2ndシングルは、
robot girlという一機(一人)の主人公とともに、 何かを探しに旅立つようなそんな物語です。

「シネマティック・ミュージック」の決定版ともいえるサウンドです!

唯一無二の世界観を叙情的に表現した傑作。希望と絶望を繋ぐ、壮大なストーリがここに!


【robot girl】



レーベル名 : studio iota label
品番 : iota-001
定価 : ¥ 500 (tax in) → ¥ 380
発売日 : 2014.10.27

流れるイオタ 「流れるイオタ」シングル

流れるイオタは、映画を観ながら、物語が進んでいくような音楽=シネマティックミュージックを演奏する
インストゥルメンタルバンド (歌のない音楽)です。

繊細な音の重なりと、7拍子のループが絶妙にマッチしていている、ポストロック&ジャズサウンド!

胸が痛くなるほどの激しくも優しいサウンド。バンド名と同名の1stシングル「流れるイオタ」。

時に飛行機に乗って、海を越えて、賑やかな街へ、なだらかな丘へ、自分の足で旅をしてきた走馬灯を見ているような。

少し切ないメロディに、めくるめく変速変拍子。 ヘンテコで美しい夕焼けジャズ。

さぁ、一緒に旅に出ましょう。
"私のこの先へ、世界は続いていく。"


【流れるイオタ Official Music Documentary Film】



レーベル名 : studio iota label
品番 : iota-002
定価 : ¥ 150 (tax in) → ¥ 100
発売日 : 2014.3.31